transparent voice

at one's own pace is self appear

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と或る


  
 「あのね」



とあるリョナラーと喋った
     美味しくなかった

 とあるネクロフィリアと喋った
    これも美味しくなかった

 とあるスカトロと喋った
    やっぱり美味しくなかった


  

  肉体が欲しいと言われた 精神が欲しいといった

 結局 僕が勝ってしまった 最初から なにも 楽しくなかった

   最初から 負けたと 言われてしまった

 
  つまらない つまらない チャンネルなんて 合わせる気もない

   なのに 食い散らかした と 彼らは嘯く

  そんなに言うなら 美味しいものを食べさせて

   食い散らかしたのは 君たちの方

  食べ残したのは 君たちの方


   僕は 手すら出していないよ?

   だって 嫌いな物より 好きな物を

      マズイ物より 美味しいものが 食べたいじゃない


  なのに 乱すな 荒らすな 入ってくるな と 君は言う


   なぁ なぁ 荒らしたのは どっち?



  ばいばい ばいばい もう要らない 最初から要らない



   みんな つまんない おいしくない


   君たちの言葉には 味すら感じない


    



  ねぇ 美味しいものをちょうだい?



   
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sora1582.blog21.fc2.com/tb.php/426-be31a6fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。