transparent voice

at one's own pace is self appear

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒は生きもの


酒は生きている。
神聖なるもので、些細な温度の変化でも味は変わってしまう。
のに、我々ときたら、民俗学的に神に捧げていた、年に一回饗宴という飲みの席が無ければ痛飲もしなかったはずなのに、捨てるように飲んでいる。
一気飲みや煽り、酒を冒涜していると思うのだ。
酒のありかたを僕はずっと考えている。
なんたって僕は酒好きだからだ。
特に日本酒が好きだ。
米からできた、手間のかかった醸造酒。



ということで買って読んでいるのです。
僕意外にもこういう思考の人がどれだけいるのか、気になっている。


そういえば、昨日ハヤシライスをつくりました。美味しいです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sora1582.blog21.fc2.com/tb.php/467-85ee16ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。